脳ストレスを軽減するグッズを利用する

脳ストレスを軽減するグッズを利用する

だれでもできる暗記方法

脳ストレスを軽減するグッズを利用する

難関の試験などで、大量の知識をつめこむ必要があるときにはただでさえストレスを感じるものですが、ここで非効率的な勉強方法を続けていると、長時間の苦痛にさらされるため脳が強烈なストレスを感じます。
こうなると緊張状態に陥った脳が、ドーパミンなどの記憶する際重要な働きをする神経物質の分泌を妨げられてしまうため、さらに記憶の効率低下を招くばかりかモチベーションまで下がってしまいます。
このような事態になる前に、効率を上げて勉強意欲も維持するためのストレス軽減策をとってみましょう。
ストレスを回避する具体策にはいくつかあります。
まず、視覚にアプローチする方法ですが、勉強机にデスクライトがない場合は是非使用しましょう。十分な明るさがないなかでの勉強は視神経の疲労を早めますが、明るい場所では目が注視しやすいため身体的な集中力が高まります。
次に嗅覚に訴える方法では、アロマを利用します。目的によって選ぶアロマを適切に選ぶと良いでしょう。ユーカリやローズマリー、ペパーミント、スイートマジョラムなどの香りは脳のリフレッシュ効果があるので、集中力が持続して勉強効率アップが期待できます。
集中して暗記した後は、ローズやゼラニウムの香りなどを選ぶとリラックス効果があるため、質の良い睡眠が得られやすくなります。
誰でも勉強を長く続けていると自分でも気づかぬうちにストレスを溜めてしまっているものです。頑張っている脳を外部から癒してあげることで、ストレスを軽減しながら記憶力と勉強効率のアップをはかりましょう。