都道府県名をいとも簡単に覚える

都道府県名をいとも簡単に覚える

だれでもできる暗記方法

都道府県名をいとも簡単に覚える

地理の授業で「47都道府県名を全て覚える」などという課題を出されて、暗記に苦しんだという人もいるのではないでしょうか。
自分の生活に関わったことがある、または興味がある地名だと嫌でも覚えられるのに、関わりがない・関心が無いとなると途端に覚えられなくなるものです。
その覚えにくい都道府県名をどうやって覚えてゆくか、その方法をご紹介しましょう。
まず、自分の生活に関わりのある都道府県に隣接した地域・知名度が高かったり興味がある都道府県の周囲の地域まで「興味」の範囲を伸ばしてゆきます。このとき、その都道府県の名産や出身有名人などと関連付けて記憶するとイメージとして脳に定着しやすくなり、効果的です。暗記したいことを自分の興味のあるものや好きなことのイメージに変換するという方法は、他のどんな分野の暗記にも共通して有効なので、覚えておくと便利です。
また、都道府県パズルなどを利用してゲーム感覚で覚えてゆく方法も非常に効率的です。
一見遊びに見えるこの方法ですが、実は視覚・聴覚・触覚など五感を使うのでイメージとしての記憶が定着しやすいのです。ゲーム・パズルが好きな人のみならず、小さな子供まで楽しく取り組むことができる暗記方法と言えます。
このように楽しく覚えた事柄は、すぐに忘れることなく長期的な記憶として定着しやすいと言われています。
実生活に関連付けながら楽しく都道府県名を暗記して、日々の暮らしに活かしてみましょう。