誰でも日本史を覚えられる

誰でも日本史を覚えられる

だれでもできる暗記方法

誰でも日本史を覚えられる

社会科といえば言わずと知れた暗記の多い教科ですが、そのなかでも日本史で苦しんだ経験がある人は多いのではないでしょうか。
もともと歴史に興味がある、好きという人ならともかく、あまり興味がもてない人にはただ暗記する量が多く、点がとりにくくて苦手な教科となってしまいがちです。
そこで、ポピュラーな方法である語呂合わせを利用して日本史を効率よく覚え、苦手意識を克服してみてはいかがでしょう。
語呂合わせが日本史に特に有効なのは、年号を覚えるときです。数字を言葉に変換した後のイメージが印象的であるほど、記憶は長期にわたって定着しやすいのです。有名な語呂合わせに794年の「鳴くよウグイス平安京」というのがありますが、この語呂合わせは794という数字のほかに、平安京を連想させる「ウグイス」という言葉が入っていることで、ひとつのまとまったイメージとして記憶に入って来やすいのです。10代そこそこで初めてこの語呂合わせに初めて触れてから、何十年後の記憶にも残るという事実からもその効果は歴然です。
いまでは日本史の語呂合わせを集めたテキストが出回り、ネット上に語呂合わせのデータベースもあるので、自分好みの語呂合わせを探すのも楽しそうです。
日本史の年号を覚えたら、次はその時代の登場人物や前後のできごととの相関関係を覚えてゆき、流れをつかむことが重要です。歴史ドラマやアニメを利用すると、登場人物や時代背景のイメージをつかみやすくなり、記憶するのが楽になります。
これらの方法を利用して、さらに復習を繰り返すことで記憶を確実に定着させてゆけば、いつか日本史を得意教科にしてしまいましょう。