世の中に暗記方法はたくさんあるけれど

世の中に暗記方法はたくさんあるけれど

だれでもできる暗記方法

世の中に暗記方法はたくさんあるけれど

世の中には古来から使われてきた暗記方法が数多くあり、暗記に苦労する人ほどいろいろな方法を試されているようです。
それらの暗記方法の中には根拠があるものないものが混在しており、科学的な裏づけなどの根拠がしっかりあるものでないと効果が得られず時間と労力の無駄になっていまうので、注意が必要です。
実際、「記憶術」と言われている方法は既存の知識と新しい知識を関連させて覚えやすくするという方法で、歴史の年号や元素の周期表などを覚えるときの語呂合わせがこの一例です。記憶力が良いと言われるタイプの人は、無意識にこの方法を実践していることが多いのです。
また、エビングハウスの忘却曲線からわかるように記憶は、反復させることでより確実に定着するものです。忘れてはその都度、復習を繰り返すことが大切です。その際、覚えなおすことは一から覚えるよりはずっと簡単なはずですし、繰り返し記憶しなおすことで忘れない記憶として確実に脳に刻みつけることが可能となるのです。
また、復習をするタイミングにも重要なポイントがあります。
その日に新しく覚えた記憶は睡眠中に脳内で整理され定着するため、復習は夜寝る前がベストということになります。
つまり、眠らずに勉強や暗記をし続けると言うことは、非常に損だということになります。効率よく記憶を定着させるためには、睡眠時間をしっかり確保しましょう。
忘れた頃に復習、寝る前と後にも復習。結局地味なこの方法が、一番身を結ぶ方法なのです。