睡眠中も覚えられる?

睡眠中も覚えられる?

だれでもできる暗記方法

睡眠中も覚えられる?

試験の前日など、準備が間に合わずに追い込まれたときにやってしまいがちな徹夜。ほとんど眠らない頭を抱えての試験本番、それほど覚えられていなかったなどという経験がある人もいるのではないでしょうか。
眠る間も惜しんで勉強し続けた方がたくさん覚えられるに決まっていると思われるかもしれませんが、実はしっかりと睡眠をとるほうが記憶を定着しやすいことがわかっているのです。
体を休めている睡眠中、脳はその日の記憶を整理して深く定着させるという大変重要な作業をしているのです。
眠らずに暗記を脳につめこんでも効率よく記憶できないのは、この脳内の大切な情報整理ができていないからと言えます。
脳科学的には、脳が記憶を定着するために必要な睡眠時間は6〜7時間と言われています。
しかもこの6〜7時間の睡眠は連続して行われていなければならず、2〜3時間を睡眠をこまぎれにとっていては、脳への記憶の定着は期待しずらくなります。
では、どのような方法が一番効率よく覚えられるか、具体的な方法を紹介しましょう。
暗記ものを記憶するときは、眠る直前に勉強したあとよく眠り、翌朝にもう一度復習するという方法です。
これは「眠りながら学習」などという夢のような話ではないのですが、自分が知らない間に脳がその日の勉強を確かなものにしてくれる機能を最大限に利用できる方法です。
大事な試験勉強の前こそ十分に睡眠時間をとって、早朝学習の習慣をつけることでライバルに差をつけましょう。