社会を楽しく覚える

社会を楽しく覚える

だれでもできる暗記方法

社会を楽しく覚える

社会科は地名・年号・人名など、とにかく暗記を必要とする項目が多い科目です。
それらの大量の事柄を試験前にやみくもに覚えようとしても、とても時間がかかり覚えにくく忘れやすいので非常に苦労する人もいることでしょう。どうすると楽しく、効率的に暗記できるのでしょうか。
試験の要点だからといって、暗記する項目をひとつひとつバラバラに記憶するよりも、それらを関連付けて覚えてゆく方が効率良く、また記憶にも定着しやすいのです。
例として地理の都道府県地図を覚える場合、こんな方法はいかがでしょうか。
知名度が高かったり、自分の関心の高い都道府県を中心にその周辺の位置関係を覚える。その都道府県出身の著名人などと関連付けて覚える。
都道府県のパズルなどを使うと、よりいっそうイメージが記憶に残りやすいでしょう。
歴史の年号や人名などの場合、どんな方法があるでしょうか。
歴史もののドラマや漫画などを読むと、人物ひとりひとりの印象が残って記憶に残りやすく、出来事も時系列で覚えやすいものです。
それに近い感覚で人物同士の相関関係や時代背景などを総合的につかんでゆくと、楽しく勉強でき記憶にも定着しやすいでしょう。
歴史の年号を語呂合わせで覚えるのは一般的ですが、自分オリジナルの語呂合わせなどをつくっても楽しそうです。
このような方法を利用して、社会科の暗記を自分のものにしてゆきましょう。