失敗しない暗記方法

失敗しない暗記方法

だれでもできる暗記方法

失敗しない暗記方法

受験や資格試験を控えているときなど、「もう少しもの覚えが良くなりたい」「確実に覚えられる方法が知りたい」という思いから自分なりに工夫して、さまざまな方法を試している方もいるかもしれません。
でも本当に大切な試験の前などは、実際試行錯誤を繰り返して失敗している場合ではありません。そこで、確実にしかも効率的に覚えられる暗記方法を利用してみましょう。
脳が「覚えなければならない」と認識した事象は、深く記憶に刻み込まれやすいのですが、脳に覚えなければならないと認識させるためには繰り返し同じ情報を刷り込むことです。
どうしても忘れたくない重要な事柄であれば最低3回、できれば5回の復習が望ましいとされています。
何度も同じことを勉強するのは面倒に思えるかもしれませんが、復習を繰り返すほどに理解が深まっているので、初めて勉強した時よりも、2回目以降はずっと楽に感じられ時間も短くなっているはずです。
さらに、勉強するタイミングを選ぶことでも暗記の効率をアップさせることが可能です。
脳がその日に学習した内容を整理し、記憶として定着させるのは睡眠中に行われているのです。
そのしくみを利用すると、重要度や難易度の高いものは寝る前に一度覚え、そして翌朝起床後に復習を行うことが非常に有効ということになります。
当然と言えば当然ですが、何度も繰り返して復習したことほど覚えはよくなります。
遠回りに思えるかもしれませんが、少しでも確実な記憶を増やすために地道な復習を続けましょう。