記憶力を食生活から改善する

記憶力を食生活から改善する

だれでもできる暗記方法

記憶力を食生活から改善する

さまざまな暗記方法を取り入れて、勉強する環境にも十分すぎるほど気を配っているのになかなかはかどらない、効率よく覚えられないといったときは、食生活を振り返ってみましょう。
食生活ひとつでも、記憶力や勉強効率を左右する要素になりうるのです。
食生活から記憶力アップを狙うなら、DHA・EPAという栄養素を積極的に摂りましょう。まぐろやいわし、さばなどの青魚に豊富に含まれるDHAやEPAは、脳内の血流量をアップしたり神経伝達をサポートする働きがあるため、暗記力や記憶力アップを望むなら欠かせない栄養素です。
また、DHAを摂取する場合はアラキドン酸と一緒にとると、DHA単独で摂取するときよりも効果が高いことが証明されています。豚や牛のレバー、卵などの動物性脂肪にアラキドン酸が豊富に含まれているので、積極的に摂取するようにしましょう。
そしてなにより、脳のエネルギー源となる炭水化物を摂ることが大事です。朝食をしっかり摂らなかったり、ダイエットなどで炭水化物の摂取量が不足してしまうと、脳がエネルギー不足となり暗記や記憶の効率が格段に下がってしまいます。炭水化物の中でも、白米は脳にとって良質な栄養源で、スムーズな糖分補給と血糖値の安定した持続が期待できる食品です。
以上のことから、白いごはんに焼き魚といった古くからの日本の朝食習慣は、脳科学的にも理想的な内容と言えます。。
これらの栄養素のほかにも、ビタミンやミネラルなどもバランスよく取り入れて、記憶力アップのための食生活をこころがけましょう。