気分よく覚えて記憶力アップ

気分よく覚えて記憶力アップ

だれでもできる暗記方法

気分よく覚えて記憶力アップ

暗記しようと必死になって何時間もノートに書き綴っていてもさっぱり記憶に残らないのに、むしろゲームやパズルなどをしながら遊び半分で取り組んだ事の方が実は記憶に残っていることがあります。
必死の努力は報われず、楽をしている時の方が効果があるとは一見不思議な現象ですが、実は理にかなっていて、人間は楽しい気分のときの方が記憶力がよくストレスが記憶の妨げになるというのです。
ということはつまり、つらいのを我慢しながら机に長時間かじりつくよりも、自分の好きなことばかりをしていた方がよく覚えられるのでは?という理屈になってしまいそうですが、楽しみながらの学習では時間が膨大にかかってしまいますので、それはそれで苦痛になってしまうでしょう。
このようなときには「楽しい気分を取り入れる」と、記憶効率と時間短縮を同時に狙うことができます。
実際に、勉強に楽しい気分を取り入れる方法を紹介しましょう。
学校の授業と授業の間に休み時間があるように、勉強の合間に休憩を入れて、音楽を聴いたりストレッチをするといった気分転換をすると、脳がストレスから解放されてリフレッシュすることができます。
勉強を始めるときは、1時間程度のおおよその区切りを設定して気分転換をはかることでストレスを回避できるのです。
人間はだれしも2時間、3時間と集中力を持続させることはできません。
リフレッシュタイムをうまく利用して、集中力を維持することで記憶力アップをはかりましょう。