関連知識をまるごと覚えて暗記力アップ

関連知識をまるごと覚えて暗記力アップ

だれでもできる暗記方法

関連知識をまるごと覚えて暗記力アップ

誰でも効率的に暗記できる力が欲しいものですね。受験生や資格試験を控えた人ならなおさらです。
暗記がうまくいかないとき、自分には記憶力がないとか覚えが悪いと思う人もいるかもしれませんが、実はもともと人間に備わった記憶力に大きな個人差はないといわれています。
では記憶力の差はどんなことから生じるのでしょうか。
何かを暗記する必要があるとき、ベースの何もないところからいきなりではなく、自分が持っている既存の知識と関連して覚えてゆく方法が効果的なのですが、いわゆる「記憶力の良い人」は、これを無意識のうちにできている場合が多いのです。
関連する知識と等価な関係にあるものだけでなく、逆の意味のあるものや因果関係のあるものなど、知識同士の相関関係を見つけながら覚えてゆくようにしましょう。このとき重要なのは、覚えようとする知識と関連した知識の相関関係がどういうものであるかを意識することです。
このようにつながりをまるごと覚えた記憶は理解して覚えているため、脳の深くに記憶され非常に忘れにくいうえ、また一部を忘れたとしても関連する知識から自力でたぐりよせることが可能になるという非常に優れた方法なのです。
関連付けなしで覚える暗記は繰り返しの復習を必要としますが、この方法で覚える場合は反復回数も少なく済み記憶が定着するまでの時間短縮まで可能となります。
一見遠回りな手間のかかるこの方法ですが、続けていれば絶対に損をしない、後々お得な方法といえるでしょう。