集中力を高める食品

集中力を高める食品

だれでもできる暗記方法

集中力を高める食品

試験勉強や受験勉強、仕事では集中力が大きくその結果を左右します。計算したり暗記したり、深く思考することには集中力を要するため、普段から集中力アップにつながる暮らしを送りたいものです。
この集中力を高める方法の1つに、食事内容の改善があります。栄養素によっては、集中力に深く関係するものもあるのです。
これから挙げる栄養素を毎日の食事から意識的に摂取して、集中力アップにつなげましょう。
まずは脳のエネルギー、炭水化物です。脳のエネルギーのほとんどが炭水化物によってまかなわれているため、効率的に頭を働かせるためには、白米などの炭水化物を摂る必要があります。特に朝は血中の糖分が枯渇している時間帯なので、朝食をしっかり摂りましょう。また炭水化物の中でも、摂取後の血糖値の上下変化が少ない食品、低GI食品を選ぶとよいでしょう。お米なら玄米、パンならライ麦、麺ならそばなど精製されていない、茶色い食品がこの低GI食品に該当します。低GI食品は血中の糖分濃度を一定にしやすいので、脳へコンスタントにエネルギー供給できるため、集中力の持続が望めるのです。
次にDHA、EPAといった栄養素も重要です。さんまや鯖などの青魚に多く含まれるこれらの栄養は、暗記力や記憶力を助ける働きがあり、集中力を高めるうえで大切なのです。
最後に集中力を維持する手段としてカフェインを摂る方法もありますが、持続的に大量摂取すると脳に耐性がついてしまい効果が感じられなくなってしまいます。くれぐれも摂りすぎには注意が必要です。