フリーソフトで暗記をサポート

フリーソフトで暗記をサポート

だれでもできる暗記方法

フリーソフトで暗記をサポート

人間の脳には、新しく覚えた記憶を3時間後には半分、翌日にはさらに半分を忘れてしまうという、どうしても暗記向きではない仕組みがあります。そこで、確実に暗記したい事柄は当日中、翌日、さらに1週間後と復習を繰り返すことでしか記憶を定着させる方法はないわけですが、この記憶の仕組みを知ることで、効率よく勉強するためのツールを使う人が増えてきています。
その中のひとつに、忘れそうなタイミングで学習させてくれるフリーソフトがあるので紹介しましょう。
「Anki」というフリーソフトは、表と裏にそれぞれ問題と回答が書かれた単語カードを収納する機能があり、それらのカードと音声データのタグ付けを簡単に行なうことができます。あらかじめ繰り返し学習のペースを設定しておけば、自分好みの間隔で復習を行なえるというわけです。
また、「Spell for Windows」というソフトは、長文にも対応していて回答方法も自分好みにすることができ、自分で暗記したい内容を問題として作成しておけば、正解を選択肢から選ぶ方法や記述で解答する方法など、さまざまな設定することができるのです。さらに、長文の別回答、複数回答やカード式にも対応しているという優れものです。
この、問題を作成する方法というのは一見面倒に見えるかもしれませんが、テストでどのような出題をされるのか予想して問題をつくることが既に学習になっているので、大変効果的なのです。さらに繰り返し復習することで確実に記憶に定着できることでしょう。
これらの暗記をサポートしてくれるツールをうまく利用することでも学習効率アップをはかる事ができるので、利用してみてはいかがでしょうか。