テスト勉強の暗記方法のカギは

テスト勉強の暗記方法のカギは

だれでもできる暗記方法

テスト勉強の暗記方法のカギは

テスト勉強の試験範囲の広さに愕然として、何から手をつければよいのかわからない…そんな経験がある人も珍しくはないのではないでしょうか。
暗記しなければいけないことが沢山ありすぎてパニックになるまえに、次のような作戦をたてましょう。
テスト勉強で最重要なポイントは、計画をたてて覚えていくことことです。試験範囲から、どのくらいの勉強時間が必要かを割り出してスケジュールを組みます。
さらに、実際暗記を始めるときには、記憶のしくみをうまく利用して覚え始めることが大切です。
その記憶のしくみとは、
・人間は1度覚えた新しい情報を1時間後には半分・1日後にはさらに半分を忘れてしまう
・その日に得た新しい記憶は、睡眠中に脳の中で整理されて定着する。
というものです。
これを踏まえると、効率的な暗記方法とは「短時間でも何度かの反復を行なう。そして睡眠をはさんで前後に行なう。」ことであると言えます。
記憶を再認識することをフィードバックと言いますが、このフィードバックを寝る前・翌日、さらに1週間後にもう一度というように念入りに繰り返すことで、記憶をより良く定着させることができるのです。
テスト直前、追い詰められるあまり徹夜をしてしまうという話がよくありますが、これはまったくもって時間と労力を浪費するもったいない勉強法と言えるでしょう。効率よく記憶するためには、実は眠った方が得なのです。