ツールを利用して覚える

ツールを利用して覚える

だれでもできる暗記方法

ツールを利用して覚える

たくさんの事柄を暗記する必要に迫られたとき、どのような方法やツールを使って暗記してゆくかによって、記憶の効率化が断然違ってくることをご存知でしょうか。ひたすら読んだり書いたりという方法は一般的ですが、そのほかにもカードを作成したりCDに音声として取り入れたり、語呂合わせを作るなど、暗記する方法の選択肢はいくつかあります。
覚える教科や事柄によって、的確な方法やツールを選ぶことで暗記の効率はずいぶん違ってくるのです。
例えば、英単語を覚えるときは目で追ったり書いたりすることのほかにも、読んだりCDを聞くなどの音声情報を取り入れると五感が刺激されて記憶に残りやすくなります。また、単語ひとつひとつを単独ではなく関連した複数の単語や英文と一緒に覚えてゆく方が、効率が良いと言われています。そして、1度見た情報を確実に脳に定着させるには、数時間後、翌日、1週間後と繰り返し復習を行なうことが大事です。
この繰り返し復習を行なうときにサポートとなるツールが、カードやソフトなどです。今はフリーソフトも出回っていて、人間が忘れやすいタイミングで復習を行なえるよう、出題してくれる機能を持ったものもあります。
次に年号や元素の周期表などを暗記する際は、歌や語呂合わせを利用すると大変強力な効果を発揮することがあるので、語呂合わせを集めたサイトや書籍など、身近なものから利用してみると良いでしょう。
このように、覚える対象によって的確な方法やツールを選ぶ習慣がつけば、大量の暗記をする必要に迫られても慌てることなく対応することができるので、普段からお気に入りのツールを利用して味方につけておきましょう。