集中力を高めて暗記する

集中力を高めて暗記する

だれでもできる暗記方法

集中力を高めて暗記する

学校の試験や資格試験がせまっているときなど、覚えなければならないことが山ほどあって時間がいくらあっても足りないと、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
長時間だらだらと机にしがみついていても、知識がいっこうに覚えられないのであれば時間の無駄です。
同じ時間にできるだけたくさんのことを覚えるために不可欠な、集中力を高める方法をご紹介しましょう。
脳科学の研究によると、人間の集中力が持続するのは60分からせいぜい90分間だということです。長時間根詰めて勉強し続けるより、小刻みな休憩をいれて気分転換を図りながらの勉強の方が効率よく覚えることができます。
加えて、脳の働きを活性化させるには睡眠時間を6時間程度は確保するのが望ましいといわれています。その日新しく得た情報が脳内で整理され、確かな記憶として定着させる作業が行われるのが睡眠中なのです。
ということはつまり、時間に追われて眠ることも忘れてひたすら勉強し続けるより、適度な休憩と十分な睡眠をとった方が、集中力の維持ができて活性化した頭で勉強できるため、はるかに効率が良い方法と言えます。
さらに、普段から集中力を高める食生活を心がけることも重要です。脳のエネルギー源である炭水化物、適度なビタミンとミネラルを含む食品、カフェインなどに集中力を高める作用があります。特に炭水化物を摂取する際は、血糖値を安定しやすい低GI食品を選ぶと暗記力・記憶力への効果が期待できます。ただし、カフェインを摂取する際は、耐性がついてしらずしらずに量や回数が増えてしまわぬよう注意が必要です。
これらのポイントを意識した生活や勉強を習慣づけて、集中力・暗記力アップを狙いましょう。